げっぷが招く逆流性食道炎!げっぷを少なくする最も効果的な4つのポイント

あなたは1日するげっぷの回数は何回くらいですか?

成人だと平均で1日13-15回だと言われていますが、それ以上多いですか?少ないですか?

げっぷは胃の中の空気やガスを外に排出する大切な行為なのですが、
逆流性食道炎患者がげっぷをすると、空気やガスと一緒に胃酸が逆流してしまう恐れがあるのです

またげっぷが多い人は呑気症という病気かもしれません。

逆流性食道炎患者で呑気症を患っている人は意外と多いので改めて注意していきましょう!
胸焼けを頻繁に感じて辛い思いをしている人もこの記事を参考にしてください。

医者
今回は逆流性食道炎患者のためのげっぷと呑気症をテーマに話していきます

症状を重くしてしまう危険性がある

imotare_2
ゲップが多いと逆流性食道炎を重度化させる恐れがあります。

なぜかというと胃の中に溜まった空気がげっぷとなって吐き出されるときに、その中に胃酸が含まれて来るからです。

胃酸を多く含んだげっぷはより食道を炎症させてしまい、喉を焼いてしまう危険性もあります。

医者
自覚症状として、げっぷに胃酸が含まれてそれが逆流しているような感じはしますか?

自覚症状を感じている人は気をつけてください
自覚症状がなかったとしても知らず知らずのうちにげっぷに胃酸が混ざって食道を炎症させていることもあります

医者
逆流性食道炎患者はげっぷに注意を払うべきです

げっぷに混じった胃酸で口元まで逆流してしまい結果的に歯を溶かしてしまう危険性もあります。

みぞおちが痛い」「食道が痛い」「のど元が痛い」人も注意が必要です。

他にも

    げっぷに胃酸が混ざっているとこんな病気に罹りやすい

  • 慢性胃腸炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍

これらのを引き起こしてしまうこともあるので、
げっぷに多くの胃酸が混じってしまう方はまずは食生活からみなおしてみましょう。

<関連記事>
逆流性食道炎患者のための食事指導!〜食べ物から食べ方まで〜
逆流性食道炎患者のための食事指導に関しては上記の記事を参考にしてくださいね。

医者
胃に空気やガスが溜まっていると、「胃がゴロゴロ」と音が鳴りますが
自覚症状はありますか?

呑気症という病気について

冒頭で
「成人が1日にするげっぷの回数は平均で13-15回」と言いましたが
1日に20回以上げっぷを出しているなら呑気症という病気かもしれません。

呑気症の主な原因はストレスです。

ストレス多寡のため知らず知らずのうちに空気を飲み込んでしまう病気なのですが、
人は食べ物を食べるとき、飲み物を飲むときに一緒に空気を飲み込んでしまいます。

呑気症は無意識的に空気を飲み込みすぎている病気です

げっぷが多い場合(1日に20回以上)は無意識のうちにたくさんの空気を飲みこんでいる可能性があるので
なるべく飲み込まないように意識してくださいね。

呑気症を患っているとげっぷもそうですが、オナラの回数も多くなります。
飲み込まれた空気は胃腸で吸収されるのですが、吸収出来ない空気は腸の動きでお尻の方へ向かいます。

オナラとして外に排出されるのですが、
空気で出て来ているオナラは食べ物が消化した時に発生するガスではないために無臭なのです。

オナラも1日平均13-15回まで出ますがそれ以上オナラが出る場合は呑気症を患っている可能性があります。

汚いとは思いますが、
オナラを匂いを自分で嗅いでみて匂いがキツくなかったら無意識のレベルで空気をたくさん飲み込んでいるということになります。

医者
胃の中に空気がたまりすぎて、胃が膨張し神経が圧迫され、「背中に痛み」を感じることもあります

げっぷを少なくするためには

    げっぷを少なくするために

  • 炭酸水はなるべく飲まないようにする
  • 胃と腸のバランスを整える
  • 胃の中でガスを放出させないように油分の多い食事は取らない
  • ストレスを溜めない

げっぷの原因は口から入ってきた空気や食べ物を消化した時に出るガスが原因です。

ある程度の量の空気やガスなら胃腸で吸収することができますが、胃腸のバランスが乱れているとなかなか吸収されません。
なので胃腸のバランスを整えることはげっぷを減らす効果的な方法なんですよ。

結論

woman-570883_960_720
普段何気なくしているげっぷが結果的に逆流性食道炎を招き、そして悪化させてしまう恐れがあることがわかりました。

1日に出るげっぷの頻度が多すぎる場合は呑気症を患っている可能性があります。

呑気症はストレスが溜まっている時に起こりやすく、空気を無意識に飲み込んでしまう病気です。

ストレスを解消させる都とともに、げっぷが出ないように体調管理と食事の管理をしていくことが大切ですね。

胃の運動機能が低下しないように正しい生活リズムで健康的に過ごしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ