逆流性食道炎の改善方法とは??胸焼けが辛い方必見!

辛い逆流性食道炎の改善策について今回はご説明します。

「病院へ行ったり、いろいろ試してみたものの、、、」

あなたの出来る所から少しずつ行動していくことで少しでも気持ち悪いむけやけや体調不良を改善することができるはずです!!

病院で処方される薬を服用するだけでは治りません!!薬を飲むこと、病院へ行くこと自体は逆流性食道炎を治す手段であり、目的ではないですよね?しっかしこの記事を読んで出来る範囲から生活リズムを変えて行きましょう

飲食を改善する

scene2

体は食べ物から成り立っているので、食べ物、飲み物を改善して行くことが良いでしょう。脂っこいものを食べていると胃が強いストレスを感じやすくなってしまいます。

天ぷら、コロッケはなるべく控えると良いですね!!暴飲暴食は絶対に気をつけてください。なぜなら胃に負担がかかるのとたくさんのモノが詰め込まれると胃酸が胃の中で収まりきれず食道の方へ流れていってしまい、食道を酷く傷つけてしまうのです。

もちろん、お酒を飲み過ぎてもいけませんね〜。急に禁酒しろ!なんて言ってないです。普段お酒を飲むことを日課にしている人が急に禁酒すると逆にストレスを感じてしまうので、少しずつ量を減らして行く努力をして行くとよいでしょう( 艸`*)

食べ方も改善する必要もあるかもしれないですね!普段誰かと食事をしていて、「食べるの早いよね!」って言われる経験ありますか?もしあなたがこんなことを言われたことがあるのならゆっくり噛むことを意識し、胃が消化しやすいようにしてくださいね!!

消化の悪いものや刺激物は御法度です。

背中をピンっと張る

背中が丸まっていると、胃に負担がかかってしまい、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。食べた直後に寝転がったりすることは非常に胃に悪いです!!

あなたは猫背ではありませんか? 猫背=逆流性食道炎になってしまう危険性が高いなんて結構知らない人は多いですよね、私も真剣に調べるまで全く知りませんでした。

軽めでの良いのでしっかり運動を習慣化する

111113walking-thumb-526x350-30715
逆流性食道炎を改善する際に「とりあえず運動をすれば良い」という考え方は実は間違っているのです。さまざまな病気の予防策には運動を欠かさないこと!ということは良く言われることですが、その運動の種類にも気を配る必要が在るのです。

まず、力を入れすぎる運動は逆流性食道炎には非常に悪い影響を与えるのです。緊張状態が続くということはそれだけ胃酸が逆流しやすくなります。もちろん、お腹を圧迫させる運動もだめです。激しい運動を短時間でこなすよりもゆっくりとした運動を長時間かけて行った方が効果的です。

改善に繋がる運動はずばり「ウォーキング」ですね。ゆっくり散歩することでリフレッシュ効果もありますしストレス解消にもあるはずです。血行もよくなり、胃酸も十二指腸から小腸へスムーズに流れていくので、食道には負担が掛からないです。ウォーキングを習慣化させることで腸の活性化されやすくなりますよ!

緩く成った下部食道括約筋を鍛える

下部食道括約筋は胃に入った物が食道の方へと逆流することを防ぐ筋肉なのですが、これが

  • 暴飲暴食
  • 腹部の圧迫
  • 肥満
  • 乱れた生活リズム

などによって緩くなってしまうのです。本来であれば弁の構造となっているので入ったものは逆流することはありません。しかしこれが緩く成ることで

胃と食道を隔てているものがなくなるので横になったり食べ過ぎてしまうことで逆流性食道炎になるのです。

“医者”左
逆流性食道炎は非常に再発率が高いのですが、それはこの筋肉をしっかり鍛えていないからなのですよ

胃酸の逆流を食い止めるオススメの方法とは?

続き難治性と診断され完治は諦めていた私が薬なしで治した方法とは

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ