食道裂孔ヘルニアは逆流性食道炎を引き起こす可能性が高い

13

質問者の写真
食道裂孔ヘルニアって一体どんな病気なんですか?逆流性食道炎とは深い関係性があると聞いたんですが、

解答者の写真
上の図のように胃の上部が少し変形していますよね!それが食道裂孔ヘルニアです。

どんな病気なのか?

先ほどの図のように胃が少し変形していますよね。変形してしまうと食道の一部が胃に変身してしまうのでどうしても胃酸がのど元に行きやすくなってしまうのです。

種類http://www.astellas.com

食道裂孔という食道が通っている穴から胃の部分が飛び出てしまっていますね!

これを食道裂孔ヘルニアといいます。

横隔膜と食道裂孔という穴は胃酸の逆流を防ぐ役割を担っているのですが、その付近で胃が変形してしまうと食道やのどが胃酸によって傷つけられてしまうのです。

年齢を増すにあたって、少しくらい食道裂孔ヘルニアになってもなんら身体に影響はありません。

しかし、日常的に胸焼けを感じることやそれによって食道炎を患ってしまった場合はもしかしたら深刻な食道裂孔ヘルニアかもしれません。

主な原因はなにか?

加齢
生まれつき食道裂孔という穴の締めつけが弱い
腹圧が高い

これらのことが主な要因です。

加齢や生まれつきの特性によって穴が緩くなってしまい胃の一部がさきほどの図のように変形してしまうです。

腹圧も実は関係していきます。

  • ベルトをキツくしめてしまう
  • 食後すぐに横になってしまう
  • 肥満体質

この3つのチェックボックスの1つにでも当てはまってしまうと、いずれ食道裂孔ヘルニアを患ってしまう可能性が高いので十分注意して下さいね!

解答者の写真
普段から背筋を「ピン!!」と伸ばすなど、姿勢を気をつけることで無駄な腹圧を避ける事が出来ます。

予防策

食道裂孔ヘルニアは主に中年女性が患者となってします。全体で患者の50%は40-50年代の女性なのですがこの病気の主な予防策は以下の通りです。

  • 脂っこい物を控える
  • カフェインの入ったものを飲まない
  • 酸っぱい、辛いといった刺激物を摂取しない
  • タバコやお酒を控える

 
これにさきほど伝えた姿勢を気をつけて腹圧を掛けないようにする。これは非常に効果的な予防策です。

腹圧を掛けないようにするには

猫背の人は背筋をぴん!とする
お腹の脂肪を減らす
ベルトの締め付けをキツくしない

このようなことを心がけると胃にかかる圧力を減らすことが出来るのです。

質問者の写真
食道裂孔ヘルニアは逆流性食道炎を引き起こす可能性が高いので十分予防策を実践し身体に負担をかけないようにしましょう

関連記事下部食道括約筋を鍛える方法!!これだけあれば胃酸の逆流を防ぐ事が出来ます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ