逆流性食道炎の症状が特に朝型に出る人は他にいませんか?寝ている間に逆流を防ぐ方法

逆流性食道炎に悩まされている方で
朝起床すると胸や喉に違和感をおぼえることはありませんか?

これはなぜなのか?
そしてどうすれば解決・予防・少しでも症状を和らげることはできるか?

今回は朝というテーマでお話していきます

なぜ胸焼けを感じてしまうのか?

朝起きる

逆流性食道炎を患っていると起きたときに

  • 胃もたれを感じてしまう
  • 喉が痛い
  • 口の中が苦くて気持ち悪い
  • 食道のあたりが炎症しているように感じる
  • 食欲がなく体調が悪い

これらの症状に悩まされることがあります。

胸焼けを感じると

食欲が減退してしまって朝に食事を抜いてしまい、
エネルギーを摂取することが出来ないので元気よく生活を送ることが難しくなりますよね。

夜横になって寝るかと思いますが、
横になることで胃酸が食道へ流れ込んでしまいやすくなるので朝起きたときに不調を感じるように成るのです

胃腸は胃酸を吸収することができるのですが、

食道や喉はそれを上手に処理して吸収することができないので胃酸が残りやすくなってしまいその部分が炎症しやすくなるために朝に不調を訴えてしまうのです。

喉の痛みを感じている方は症状が進行している証なので十分に気をつけてくださいね!!

正しい寝方をして胃酸の逆流を防ぐ

ewq2
朝起きた時にツライ想いをしないためには、

寝る時には横を向かないで体をまっすぐするようにしてくださいね。

他の逆流性食道炎のサイトでは
「寝る時はなるべく右を横にして寝るようにしてください」と言っているものもありますが
それは間違っています。

寝るときは横を向かない
医者
背骨が曲がると胃が圧迫させるのでよくないですね

関連記事
逆流性食道炎に悩む人向け!正しい睡眠の取り方とは
逆流性食道炎をどうしても治したいと思っている人が食事で注意するべき点

他にはどうすれば良いのか?

逆流性食道炎を寝ている間に悪化させないためには、どうすれば良いのかお話しします。

まずは夜の食事を改善させる

昼間は脂っこいものを食べても夜は野菜や魚といったような消化に優しいものを意識して摂取することをお勧めします。

いきなり食生活を見直してしまうとストレスを感じるようになり、
継続して「治療」することができないのでまずは夜だけでも健康的な食事にしてみましょう。

また夜遅くまで起きていると、胃に悪いので睡眠のリズムを整える必要があります。

睡眠の質を向上させる

ストレスを感じると脳から胃に対して「胃酸を出せ!」と命令するために日々の生活ではタバコを吸わない、リラックスできる時間を取り入れてみてください。

関連記事
逆流性食道炎に悩む人向け!正しい睡眠の取り方とは
逆流性食道炎患者のための食事指導!〜食べ物から食べ方まで〜

睡眠の質の上げ方や、食事の注意点は関連記事をみてくださいね!

アドバイス
体温を上げると脳が目覚めるため、起床後に熱めのシャワーを浴びると深部体温が上がるスピードが高まり、目覚めがスッキリする

朝に胸焼けを感じたときは

woman-570883_960_720
朝に胸焼けを感じたときは、アルカリ性の飲み物を飲むことをお勧めします。

アルカリ性の水やカフェインが入っていない緑茶がいいですね。牛乳でも良いですよ。

口や喉まで逆流している場合は食道に胃酸が掛かり続けているので
すぐに飲み物を飲んで、胃酸を取り除くようにしてください

炭酸水は辞めた方が良いですね。

飲み物が無い場合は自分の唾液でも構いません。唾液を飲むことで食道に掛かっている胃酸を中和させることができますよ!

寝ている時の胃酸逆流を防ぐためには、下部括約筋というところを鍛える必要があります。

たしかに胃酸分泌を減らすことは大切なのですが根本的な治療とはいえませんよね。

この下部括約筋を鍛えることで
逆流性食道炎の原因を根から引き抜くことが出来るので再発するリスクが一気に下がるはずです。

続き
難治性と診断され完治は諦めていた私が薬なしで治した方法とは

サブコンテンツ

このページの先頭へ