逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアを完治させるためには?3つの解決策をご提案

こんにちは、マツモトです。

ツライ逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアを放っておくと次第に症状が悪化し、よりツライ症状に悩まされるようになってしまいます。

逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアを完治させるためにはどのような手段があるのか?ついて今回はお話していますね!

正しい知識を身につける

dolphin-wallpaper-15

今までに逆流性食道炎を薬で治そうとしていた人は注意が必要です。

病院で診察を受けて逆流性食道炎と診断されると主に処方される薬はプロトンポンプ阻害剤とヒスタミン受容体拮抗剤ですよね。

これらの薬は胃酸の分泌を減らす効果があるのですが、胃酸が減ったからと言って症状が改善するとは限らないのです。

プロトンポンプ阻害剤とヒスタミン受容体拮抗剤は保険適用内でもあります。

医学的にも逆流性食道炎の治療薬としては有名なのですが、

ビタミンの吸収を悪くさせる効果もあるので、服用する際には以下の記事をしっかりと読んでくださいね!

薬一覧

  • プロトンポンプ阻害薬
  • H2受容体拮抗薬(H2RA)
  • ネキシウム
  • タケキャブ
  • オメプラゾール
  • 食道粘膜保護薬
  • 中和剤マグテクト内服液

胃酸の分泌量を減らすもっとも強い薬はプロトンポンプ阻害薬です。

プロトンポンプ阻害薬(PPI)

  • タケプロン
  • オメプラール
  • オメプラゾン
  • パリエット

プロトンポンプ阻害薬もそうですが
これの薬は単に胃酸の分泌量を減らすことしかできないために完治には全く効果はありません

これらは胸焼けを軽減する働きはあるのですが、逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアを改善させることができても完治させることは非常に難しいのです

つまり薬だけを服用すれば必ず治る!という知識は間違ったものだということです。

人それぞれ逆流性食道炎に罹る根本的な原因を知ることが完治までのファーストステップとなります。

薬の副作用

  • アナフィラキシー様症状
  • 蕁麻疹
  • 全身発汗
  • 発赤
  • 胃もたれ
  • 気分の悪さ
  • 声枯れ
  • 呼吸困難
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 息苦しい
  • 自律神経の乱れ

生活環境を整える

いくら薬を服用したとしても根本的な原因の解決にはなりません。

食生活では油物を控える
ストレスが感じる原因を突き止める
しっかりとした睡眠を取る事

これらの問題の解決に取り組む事をオススメします。

逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアは完治する事が難しいと言われているのは患者さんが自らの生活環境を整えることができないのが直接的な原因なのです。

再発しないように患者さん自身が病気と向き合っていく必要があります。

さもないと粘膜を傷つけて、食道がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こしてしまうことがあります

またダイエットするのも効果的です。お腹についた脂肪は胃を圧迫するようになり、胃腸の働きを悪くするだけでなく圧迫されることで食べ物や胃酸を逆流しやすくなるのです。

猫背も同様に胃を圧迫するので姿勢は伸ばすようにしてくださいね

    あまり知られていない逆流性食道炎の症状

  • 耳鳴り
  • 不眠
  • 左右鎖骨リンパの腫れ
  • ムカムカ
  • うつ病のような気分の低下
  • 免疫力の低下
  • 精神的に不安定
  • 運動能力の低下
  • 胃酸の過剰分泌
  • 下痢・便秘
  • 腹痛
  • 生理不順(女性の場合)
  • 頭痛

弁を締めるトレーニングをする

胃の形

逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアを完治させるためのもっとも重要な役割を果たすのがこの「横隔膜」なのです。

たしかに薬を服用する事で酸を弱くすることや分泌を減らす事は可能です。

しかし弁の構造と成っている「横隔膜」をしっかりと締めない限りは完治させることはできません。治る→再発を繰り返す事はよくないことですよね。

しっかりとした正しい知識を身につける
生活環境を整える
弁を締めるトレーニングをする

これらの3つのポイントさえ抑えれば薬・漢方の副作用を気にする必要もありませんし、通院する必要も無いので経済的にも優しいのです。簡単ですよね。

胃と食道を結ぶ噴門(ふんもん)は不規則な生活や腹圧の上昇、加齢によってどんどん緩んでいきます。

ただ注意しなくてはならないのは、
たしかにこの3ステップは効果があるのですが、これだけでは逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアを克服することはできません。

これらは完全に再発なく治すための秘密のポイントの一部なのです。

つまり他のポイントを押さえるべきですね。

本当の意味で治したいのであれば・・

いきなりで恐縮なのですが私の母は30代という若さで食道ガンを患い亡く成っています。

逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニアは食道ガンを引き起こす危険性があり、若いからといって決して安心したり、たかをくくってはいけないのです。

「私ももしこのツライ胸焼けを放っておいたら・・・」
「薬だけの処置を繰り返す毎日を抜け出すことができなかったら・・・」

これを想像するだけでも私は背筋に寒さを感じざるをえません。

2.18.18

“逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアを完治させるためには?3つの解決策をご提案” への2件のフィードバック

  1. 大川るみ子 より:

    メルマガをお願いします。

コメントを残す

このページの先頭へ