【Q&A】ppiは逆流性食道炎には効かない?考えられる原因は何ですか?

解答者の写真
逆流性食道炎を患うように成って病院で胃薬を処方され様子を見ていたのですが朝起きた時に胸焼けを感じることが多かったのでもう一度病院に行きました。

そうしたらPPI(プロトンポンプ阻害薬)を医師から処方されたのです。

ネットで調べると逆流性食道炎には非常に効果が高いということでしたが、全く効果を感じていません。

もしかしたら逆流性食道炎ではなく他の病気ではないか?と不安になっています。

効果を感じていない理由を説明していきます。

ご安心を、あなたの逆流性食道炎は私が治します。

原因が胃酸過多ではないと・・・・

header_bg01
逆流性食道炎の原因は胃と食道を分けている噴門と言われる部分が緩く成っていることが根本的な原因なのです。

しかし胃酸過多の状態になっていると胃酸が逆流する確立が高く、横になった時に食道へ戻ってしまうことでも胸焼けを感じることがあります。

PPI(プロトンポンプ阻害薬)は単に胃酸の分泌量を減らすことには効果があるのですが、逆流してしまう根本的な原因を解決することはできません。

現代の医療では逆流性食道炎を完治させることはできないというわけです。

8週間以上服用しても治らないと・・・

8週間以上このPPI(プロトンポンプ阻害薬)を服用しても治すことができないと、

あなたは難治性逆流性食道炎と診断されるでしょう。

PPIは逆流性食道炎にもっとも効果があると謳われていますが先ほど説明した「噴門」が緩んでいる人には効果はないというのが現状なのです。

内視鏡検査を受けてみると病気かどうかわかる

胸焼けを感じていて胃酸の逆流を感じているのあれば逆流性食道炎でしょう。

しかしもしあなたが不安に思っているのであれば一度内視鏡の検査を受けてみる事をお勧めします。

内視鏡では食道の傷つきの程度をはっきりと見る事が出来るので不安なのであれば一度受けてみてくださいね。

また薬や漢方ではなく生活リズムを整えることで逆流性食道炎は克服することができますので良かったら私の体験記をご覧になってくださいね

関連記事
難治性と診断され完治は諦めていた患者を私が薬なしで治した方法とは

サブコンテンツ

このページの先頭へ