逆流性食道炎は治らないは嘘!!その真実を解き明かします

逆流性食道炎が治らない
治ったとしてもすぐに再発して、胃酸に苦しめられてしまう
病院の医師はすぐに薬を処方するが、最近は効き目を感じなくなった

このように悩んでいませんか?

逆流性食道炎は慢性疾患なので、長期的に苦しめられている人が多いです。

また同じような薬を処方されていると、薬に対しての抵抗力ができるため徐々に効き目はなくなっていきます

しかし逆流性食道炎は治らない病気ではありません。治療は無理と思っていると本当に治らないのでまずは気持ちを高く持ってください。

病気には原因があります。その原因の目を摘み取るだけでもかなり健康状態は変化していきますよ。

女性
逆流性食道炎が治らないのですが、本当に治らないものなのですか?

逆流性食道炎は再発率が90%近くあります。

長く苦しめられていると本当に治らないのではないか?と不安になってしまいますよね。そんな不安になっているあなたにお伝えしたいことがあります。

難治性とは?

胃が痛い

まずは「治らない」の定義を決める必要がありますね。

あなたは難治性逆流性食道炎という言葉を知っていますか?これはプロトンポンプ阻害薬(PPI)という胃酸分泌をとても減らす効果のある薬なのですが、

これを8週間処方されて服用しても治らない場合は、難治性逆流性食道炎に分類されるのです。

この病気は国から特定疾患として難病指定されているので医学的な立場からいうと難治性は「治らない」ということになりますね

関連記事
難治性逆流性食道炎の治療法は絶対に無いのか??

治療法は薬だけではない

diabetes-528678_960_720
逆流性食道炎は胃と食道を締めている噴門(ふんもん)の下部食道括約筋が弛緩することによって胃酸が逆流してしまうのです。

下部食道括約筋が弛緩することが原因なのに、胃酸分泌量を減らす薬を飲んでもあまり効果がないことは考えてみれば解ることですよね。

病院で処方される薬は胃酸分泌量を減らすだけの効果しかないのが現状です。

確かに薬を服用することで治ることはあります。

それは下部括約筋の弛緩が原因ではなく、胃酸の分泌量が多くて逆流してしまう場合に、薬は効果がある!ということですね。

再発率は圧倒的に多い

逆流性食道炎の特徴として再発率の高さが挙げられます。

薬を服用して「あ!症状が改善してきたから治った!」と思って油断しているとすぐにまた胃酸が逆流してくることはありますよね

『病院から処方された薬を全部飲み終わって、症状が軽く成ったから油断したんだ。』

と思うかもしれませんが、これは違います。理由はさきほど述べた通りで薬は逆流性食道炎の根本を治療するものではないからです。

“医者”左
逆流性食道炎は下部括約筋が弛緩することが原因で、その筋肉が緩んでしまうのには以下のような原因があります。

    腹圧が高くなりやすい人の特徴

  • 猫背などで姿勢が曲がっている
  • 食べた後にすぐに横になる
  • 便秘や下痢を繰り返している
  • 胃酸過少で食べ物が胃の中にずっと残っている
  • 便をするときに踏ん張りすぎてしまう
  • ベルトをきつく締めすぎている
  • お腹周りに脂肪がたくさんついている

これらによって腹圧が上昇することで下部括約筋が弛み、胃酸が逆流することになるのです。

このように考えられる原因は多岐にわたるのですが

しっかりとした克服法を実践して自己管理さえすれば痛みから解放されるはずです。

改善方法は様々ある

waa
逆流性食道炎を改善する方法は、薬物治療だけではありません.

サプリメントを飲んだり、整体に行ったり、カウンセリングを受けたり、筋肉トレーニングをしたり、人とコミュニケーションしたり、ストレス管理をしたり、食生活を変えたり。

本当に様々ありますよね。

しかしその中で自分に適した改善方法を知らない人は多いと思います。

私はこれまで400名近くの患者さんの相談に乗ったり、サポートをしてきました。

私の経験で逆流性食道炎から救われた人も多いです。

もしあなたが今の病気の現状をなんとかしたい!と思っているならぜひメルマガ登録(無料)をしてみてください。

他では知ることができない情報を発信しています。

2.18.18

コメントを残す

このページの先頭へ