難治性逆流性食道炎が治らず苦しむあなたへ

ずっと逆流性食道炎が治らず、病院で診察を受けたら難治性逆流性食道炎と診断された方はいますか?

難治性という文字を見ると、
あぁ、治すことは難しいんだ・・。もしかしたらこれが原因で食道ガンになってしまうのではないか?

と不安に駆られてしまうことはあると思います。

実際に私も過去に難治性逆流性食道炎と診断された過去があります。

今回は難治性逆流性食道炎とは一体どんな病気なのか、
どんな原因が考えられるのかについてお話していきたいと想います.

大丈夫です。難治性逆流性食道炎と診断されても治ります。

普通の病気との違い

human-skeleton-163715_960_720

難治性逆流性食道炎と逆流性食道炎ではどう違うのか、あなたはご存知ですか??

胃酸の逆流に苦しんで病院へ行くとPPI(プロトンポンプ阻害薬)と呼ばれる薬が処方させると思いますが、これを8週間以上投与しても治らない場合は難治性逆流性食道炎と診断させるのです。

治癒は困難な病気!という診断が下るというわけなのです。

難治性逆流性食道炎と診断されても以前から処方される薬を出されるだけなので、それでは根本的な原因の解決には至らないのがこの病気の難しいところでもあります

ではなぜそうなってしまうのか??

難治性逆流性食道炎に罹ってしまう理由は

  • 患者さんと薬が合っておらず効果を期待できない
  • 生活リズムを変えていない
  • 胃酸が食道への逆流を防いでいる下部食道括約筋が緩い

これらのことが原因となっています。

PPI(プロトンポンプ阻害薬)は確かに効果的ではありますが、これは一時的に逆流性食道炎の悪化を防ぐ事が出来るのですが、
それが慢性化している人にはあまり高い効果を期待出来ません。

プロトンポンプ阻害薬は確かに効果があるのですが、これはただ胃酸の分泌量を減らすだけなので、根本的な原因である
下部食道括約筋の弛み、衰えを解消させることはできないのです。

肥満・暴飲暴食・姿勢などの生活リズムが影響して腹部に圧迫感を与えしすぎてしまうと胃酸が押し出されるように食道にまで届き炎症をさせてしまうのです。

ではどうすれば根本的な治療を行う事が出来るのか??

それは非常に簡単なのです。

下部食道括約筋を鍛えるだけで悪化を防ぎ、人間本来の治癒力で治す事が出来ます。

お腹についた脂肪
曲がった姿勢
加齢

これらによって胃に圧迫感を与えてしまうのでどんどん下部食道括約筋は緩んでしまうのです。加齢によっても緩んできますね。

腹圧は高くないか?

難治性逆流性食道炎にかかる人は総じて腹圧が高い傾向にあります。

    腹圧が罹りやすい人の特徴

  • 猫背などで姿勢が曲がっている
  • 食べた後にすぐに横になる
  • 便秘や下痢を繰り返している
  • 胃酸過少で食べ物が胃の中にずっと残っている
  • 便をするときに踏ん張りすぎてしまう
  • ベルトをきつく締めすぎている
  • お腹周りに脂肪がたくさんついている

いかがですか?

腹圧が高いと胃酸の量が少なくても胃酸は逆流し、食道を傷つけるようになります。

いくら強力なプロトンポンプ阻害薬のような薬を飲んだとしても噴門が緩み、そして腹圧が高いと全く効果がないので気をつけてください。

また私はこれまでに薬物治療なしで400人以上の方を救ってきました。

医師の言う通り、薬を飲んでも全然効果を感じない
何をしたら症状が緩和されるのか?わからない
逆流性食道炎の症状が本当に辛い

このように思われる方のためにわたはメルマガで情報発信をしています。

“医者”左
薬に頼った治療法ではなくて再現性の高く再発率が低い方法を実践していきましょうね

続き
難治性と診断され完治は諦めていた人を400人救った薬なしの改善策とは

コメントを残す

このページの先頭へ