逆流性食道炎って無症状でも患っていることがある?症状が出ている人は・・・

あなたはこんな言葉を聞いた事がありますか?

「逆流性食道炎は無症状でも患っていることがある」

これって一体どういうことなのか?今回はお話していきたいと想います!

症状が出ているということは・・

逆流性食道炎の症状が出ているという事はいわば、悪化をしているということなのです。

結論からいうと逆流性食道炎は無症状でも患っていることがあるんです。

ということはむしろ

  • 喉の痛み
  • 空咳
  • 胃酸の逆流の不快感
  • 背中の痛み

これらの症状を自覚しているということは、ずばり症状が進行・悪化しているということなのです。

あー、最近胸焼けを感じるように成ったなーー、そろそろ年かぁ、

なんて暢気なことは言ってはならないということなんですよね。

検査で初めてわかることがある

人間ドッグや他の検査のときに食道の荒れ具合をみて、

逆流性食道炎と診断されることがあります。

本人は、「え??そんな症状はいままで感じたことはなかったけど!」

とびっくりするケースも驚きながらあるんですよね。

この病気は放置しておくと食道が徐々に変形していき

この病気は放置しておくと食道が徐々に変形していき、最悪のケースとして食道ガンを引き起こしてしまうことがあります。

またこれは生活習慣の乱れが原因なので、今のままの生活を繰り返していると症状が悪化し、食べ物を少量たべるだけでも

喉に違和感を感じ、胃酸が逆流するような感覚に襲われるようになるのです。

無自覚の場合はまだ症状が進行していないケースが多いので早めに克服法を実践することで

早くそして簡単に治すことができますよ!

違和感に敏感に成る

逆流性食道炎は無自覚でも起こりうるものです。

しかし無自覚といっても診断されたのであれば、その異変や違和感に敏感になることを意識してくださいね

いままで健康でなにも病気がない!と言ってもこの病気だと診断されたら、

意識したくなくても食べ物を注文するときや食後の休憩中に意識してしまいますよね。

でもでも意識することはほんとうに大事なんですよね。

自分の症状は自分でしかわからないわけで実際に内視鏡検査でどれくらいの進行度なのか、改善はされているのか?

をこま目に調べることはあまりありません。

なので自分の症状やいま感じている違和感に敏感に成ることは今の自分の現在地を測るためにも重要なことなのです。

無自覚、無症状だとしても一度でも逆流性食道炎と診断されたのであれば

治す決意をしてしっかりと克服するようにしてくださいね!

そのためのお手伝いを私にさせてくださいね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ