逆流性食道炎はこんな初期症状に悩まされることがあります!

逆流性食道炎は放っておく事で食道ガンを引き起こしてしまうように、食道が変化してしまいます。

ただこれは重症化したり慢性化しているケースなのですが、では初期症状としてはどんなものがあるのか?

今回はこのテーマについてお話していきたいと思っています。
0I9A858915070158white-thumb-815xauto-19010

つっかえ感を感じるように成る

初期症状として考えられるのは、食道のつっかえ感です。

胃酸が逆流してしまうことで食道の入り口部分を含めて炎症してしまうのです。

これによって以前は飲み込んだ水分や固形物をスムーズに飲み込むことができたが、次第につっかえるような感覚に襲われることがあるのです。

また症状が進む事で喉のつっかえ感を感じることがありますので覚えておいてくださいね。

このメカニズムも同じで胃酸がその部分まで逆流してしまっているということです。

胸の不快感

食べ物を食べた時に胸付近に不快感を感じることはないですか?

逆流性食道炎という言葉を聞いたことがなくても「胸焼け」はあなたもご存知だと想います。

胸焼けはそもそも胃で分泌された消化液がお腹に掛かる圧力が上がることによって胸まで消化液が戻って来てしまう事で

食道が炎症してしまうのです。

さきほどのつっかえ感はその炎症が続くことで起こります。

喘息のような咳

喘息はアレルギー反応によって起こる物なのですが、

逆流性食道炎の始まりとしてそれに似たような咳が出ることがあります。

これも食道が炎症することによって神経が過敏に成り少しの刺激に咳として反応してしまうことがあるのです。

私も初期症状として止めることができないような咳に悩まされていた時期がありました。

別に痰や水分が絡んでいるというわけではないのに咳を止めることができずに、ずっと咳き込んでしまうために

お腹の筋肉が痛く成るほどだったのです。

あなたも原因不明の「空咳」に悩まされているならば逆流性食道炎の初期症状かもしれないので一度病院に行き、正確に診断してもらうことをお勧めします。

免疫力の低下

逆流性食道炎になると、免疫力が低下して行きます。

免疫力が低下することでも逆流性食道炎にもなりえます。

    免疫力が低下している時の特徴

  • 睡眠の質が低下していると感じる
  • 肌が荒れやすい
  • ニキビができる
  • カサカサ肌になっている
  • 傷が治りにくいと実感する
  • 下痢・便秘になりやすい
  • 体が冷えやすい
  • 休んでも疲れが取れない
  • お腹に不調を感じる
    免疫力を低下させる原因

  • 運動が不足している
  • 環境(家、外)汚染
  • タバコを過度に吸う
  • 過度にアルコールを摂取する
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 興奮することがおい
  • 年齢が高齢になっている
  • 食生活が乱れている
  • 疲労が溜まっている
  • 睡眠時間が短い
  • 人とのコミュニケーション不足している

<関連記事>
逆流性食道炎は免疫力を高めないと治るものも治らない

初期症状が出ているならば・・・

初期症状が出ているならば、逆流性食道炎に悩まされており、れっきとした患者であることは間違いありません。

というのも、私は他の病気はよくわからないのですが、逆流性食道炎の場合は初期症状が出ているならば

身体はあなたが思っている以上に身体は胃酸によって痛め付けられているのです。

症状が表面に出る前に身体の免疫システムはある程度病気と戦ってくれるのですが、それでも症状が出ているならば

初期の症状だとしてもしっかりとこれ以上悪化しないように心がけるようにしてくださいね。

放ってしていても治ることがないのが逆流性食道炎という病気の特徴でもあります。

続き難治性と診断され完治は諦めていた私が薬なしで治した方法とは

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ