逆流性食道炎の進行度を簡単セルフチェック!以下の質問に回答するだけ

diabetes-528678_960_720
逆流性食道炎は進行しやすい病気です。

今の自分の症状はどれくらい悪化しているのか、もしくは改善しているのか?

わざわざ病院に行って検査するのは面倒ですよね。

そこで今回は自分で症状の進行度を自己診断(セルフチェック)できる質問まとめを作りました。回答するだけであなたの逆流性食道炎の進み具合がわかりますよ。

解答者の写真
自分で自覚症状を捉えなおすって大切ですよね。

医者
もちろん大切です。私は逆流性食道炎の専門家ですが、逆流性食道炎が治る患者さんは自覚症状に対しての意識が高い傾向にあります。

最近、
最近、胃の調子が悪い」「胃酸が口の方へ戻ってきてしまうので不快感をよく感じる

このような症状に悩まされている方はぜひやってみてくださいね。

ご安心を、あなたの逆流性食道炎は私が治します。

3分程度で自己診断できます。

質問に答えてくださいね

頻繁に胸焼けがする



お腹の張りがあり不快感がする



無意識的にお腹をさすっていることがある



食後に気分が悪くなることがある



喉奥で不快感を覚えることがある



食べ物を飲み込む際にちょっと突っかかってしまうことがある



胃酸が口まで戻ってきてしまうことがある



胃から空気が戻ってきしまう



前傾に体を傾けると胃酸が口の方へもどってきてしまう


あなたはどれくらい当てはまりましたか?

1622517_960_720

あなたはこの11個の質問に対して

3個以上当てはまってしまったら重度の逆流性食道炎の可能性
当てはまった数が1-2個である場合は軽度の逆流性食道炎の可能性

とくに
前傾に体を傾けると胃酸が口の方へもどってきてしまう」という質問に対して
「YES」であったなら、間違いなく逆流性食道炎は悪化状態であると言えます。

どうしてそう判断してもよいかというと、

胃が逆流しないように入り口は塞がっているのですが、
その塞ぐ栓が弱まってきてしまうと前傾の姿勢を取ったときに胃酸が戻ってきてしまうのです。

前傾姿勢を取っただけで逆流してしまう場合は胃と食道を繋いでいる「噴門(ふんもん)」が緩んでいる証拠。

前かがみするだけで逆流するのは、症状が進んでいると言えます。

代表的な症状について

逆流性食道炎の代表的な症状についてお話しします。

このセルフチェックの記事を見ているあなたは
逆流性食道炎という病気に掛かっているかもしれない!

逆流性食道炎という病気はどんな症状なのか知りたいと思っているはずです。

続き
逆流性食道炎に悩んでいる人の具体的な症例を3つお話していきます

代表的な症状が3つほどあるので、上の記事を確認してみてくださいね。

病院での検査の方法

逆流性食道炎の進行具合のセルフチェックは上記で出来るのですが、
自覚症状の感じ方だけではなく、病院で検査したいということは病院に行くことをお勧めします。

解答者の写真
病院は何科に行けばいいですか

病院は内科または胃腸科、消化器科に行ってください

いきなり内視鏡検査などの痛みを伴う検査はしないはずです。

お腹周りの触診から入ると思いますよ。

続き
逆流性食道炎の検査は一体どんなことをするのか?すべて御伝えします

さらに詳しく検査したいなら

diabete
症状が重く、日常生活に支障が出ているならば
内視鏡検査」を受けてください。

続き
内視鏡検査で逆流性食道炎は絶対にわかる?胃カメラで精密検査ができます

ただ内視鏡検査はかなりきつく、体に負担がかかるので注意してください。

前日から食べ物が食べられないこともありますし、
なんと言っても私のように気管が細い場合はなかなか胃カメラが入らずに苦しい想いもすることがありますよ。

逆流性食道炎の症状を改善したいなら・・

胸焼けと空咳に悩まされていた患者さんを独自の方法で逆流性食道炎から救うことができました。

ウェブサイトでは語れない情報はメルマガで話しています。

詳しくはメルマガで話していますので、興味ある方はメールアドレスを入力し、無料メルマガを受講してください。

ご安心を、あなたの逆流性食道炎は私が救います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ