逆流性食道炎は死亡率40%を超える食道ガンを引き起こす原因となる。

食道ガンは非常に恐ろしい病気です。
日本人のガンが原因で死亡する人は肺のガンが最も多いと言われていますが、食道ガンは二番目に多いのです。

しかも毎年に約10万人もの人が食道ガンが原因となって死亡しています。


解答者の写真
「食道ガン」「胸焼け」が症状として現れる逆流性食道炎とは一体どんな関係性が在るのでしょうか?
まずは食道ガンについて説明していきます!!

主な原因はピロリ菌の発生

食道ガンを発症してしまう主な原因はヘリコバクターピロリ菌です。聞いたことはある方は結構多いのではないでしょうか?

質問者の写真
ピロリ菌は胃に生息する細菌なのですが、胃酸に浸かっても死ぬことはないのが特徴で一度感染し発症すると徐々に感染部分が広がって行き、胃だけではなく十二指腸にも広がって行きます。
酸性に強い中性のバリアを張っているのです。

このピロリ菌が原因となって他には

  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 胃縮小
  • ポリープ
  • 機能性胃腸症

にもなりかねません。ビロリ菌は子供のころに感染して大人になってから発症すると言われていますが、
どんなメカニズムで人間の体に悪さをするのかは現代医学でも解っていないのです。

感染は防げないにしてもヨーグルト飲料水などで「予防する」ことはできる

検査の仕方は大きく分けて2種類ある

naishikyou01
ピロリ菌の検査の仕方は大きく分けて2種類あります。

1つは内視鏡を用いた方法で、
胃の中のアンモニアの量を調べる方法(ピロリ菌はアンモニアを体外へ放出します)
切り取った食道の組織を培養してピロリ菌を発見する方法

内視鏡を用いない方法としては
血液検査
尿素呼気試験
→検査薬を飲んでから息をビニールぶくろに「ふぅー」と吐き、その吐いた息にピロリ菌がいるか調べる方法です。

内視鏡を用いない方法は簡易的な方法なので、もし検査して引っかかってしまったら内視鏡の検査に移ります。

逆流性食道炎との関係

逆流性食道炎が原因と成って食道ガンになるリスクは高いです。

逆流性食道炎が悪化し、食道に胃酸がかかり続けることで、食道の細胞の一部が胃の細胞と変化してしまうのです。

これはバレット食道と呼ばれていますが、このバレット食道から食道ガンが引き起こされます。

バレット食道から食道ガンになる確率は30%以上なので、非常に高いと言えますね。

バレット食道にならないためには、まずは逆流性食道炎を改善させる必要があります。

関連記事
難治性と診断され完治は諦めていた私が薬なしで治した方法とは

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ